2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スーちゃん

  • スッキリ
    ミニチュアダックスフント ワイヤー ♂ 1998年9月24日生まれ

薔薇

  • 緑のカーテン
    うちの薔薇の写真

庭の花 ’10

  • ARASHI
    庭や鉢に咲いた花

天空の桜

  • 亀ケ森2012
    標高800mの、亀ケ森牧野の一本桜

里山の花

  • 山の花
    里山、道端、原っぱなどの花
無料ブログはココログ

3・11

大槌・山田へ

大槌・山田へ
きらきら輝く山田湾
大槌・山田へ
大槌北小 福幸きらり商店街
大槌・山田へ
昼食はラーメン あっさりめで美味し~い♪
大槌・山田へ
大槌町本町7-15 トツゼンコッペパンファクトリー
大槌・山田へ
日曜休みなのでパパとドライブ
目的地は大槌
近頃TVなどで話題のトツゼンコッペパンファクトリーと手作り工房シフォン
シフォンさんのある福幸きらり商店街は、スーパーや、レンタルビデオの○タヤなどもあり地元の方や、おそろいのビブスのボランティアの学生さん、私たちみたいなプチ観光客でにぎわっていました。
コッペパンファクトリー(モーモーハウス)の場所をここでおしえてもらって少し走りました。
もと大槌町役場などのあった本来は町の中心部、今はまだまだ何もない、グレーな風景の中に、唐突に本当にトツゼン、可愛いピンクの水玉の建物が建っていました。
ここから始めるぞっていう気合を感じました。
 帰りみちは、山田に新しくできたホームセンターコメリやしまむら、道の駅もはしごして帰りました。

昨日

2年前と同じ2時半出勤で、2:46 黙祷 

TVでも震災関連の番組をたくさんしていた、新聞も特集記事
それにしても、この変わらなさ 復興の遅さは一体何故なんだろう?
昨年は、「1年たった、きっとこれからどんどん復興が進むよね」って思っていた。
「避難所から仮設に住む場所が変わっただけ・・・何も進んで無い」と昨年は話していた
今年は、「何ひとつ変わった気がしない、どうしたらいいかわからない」という声をきいた

もちろん、頑張って復興・再開いている企業もあるし、個人でも自宅再建している方、内陸に移って頑張っていらっしゃる方もいて、復興にむけたお仕事に他府県から応援に来てくださっている方々も大勢いて、県や市も頑張っているのも感じてはいますが・・・

まだまだ、まだまだ、復興、複幸へは程遠いと思います。

グラリ

きのう、仕事中おおきな地震がありました。
わたしは、チーフと2人でレジにいて、目の前にはベビーカーの赤ちゃんとチョロチョロ動く2~3歳くらいのお姉ちゃんを連れた若いママ、グラッときて、長い横揺れ
思わずレジをぬけてわたしは赤ちゃんとママさんに両手を回して、チーフはお姉ちゃんを抱っこしていました。
隣のレジでは金銭授受の途中で、揺れながらもやりとりして、急いで袋詰めして出ていかれました。揺れがおさまると買い物中の商品の入ったカゴが出口付近にほおりだされていたり、携帯でどこかに連絡しようとしている方がウロウロしていました。
 窓からみえる道はたちまちテールランプが数珠つなぎ・・・渋滞です。
あの日もたちまち道という道が渋滞していたのを思いだしました。怖かった。
最近地震の間隔が遠のいていたから油断していましたが、まだまだ油断してはダメですね。
でも、みんなが一斉に車や電話を使ってはダメだという経験をしていても、誰もが大事なヒトや家のことが心配で駆けつけたくなったり、連絡とりたくなったりするんですよね。そして、今日は雪・・・寒い こんな時に停電なんていやだなぁ~ 

お礼状

お礼状
昨日は会社の健康診断&編みものの日
早めに行って健康診断をすませ、いったん家にもどって編みものへ
相変わらず苦手なバリウム、右左のわからないぐるぐる
視力が昨年よりおちてた~ 体重&腹囲は秘密
それにしても、何故うちの会社の健診は暮れも押し迫った、この寒い時期なんだろう?
  風邪ひいちゃうよ~

編みものの会は会議、毛糸を提供いただいた方やご支援いただいた方々にお礼状をかくことになりました。
わたしの分担は20枚、長野県や大阪、東京、神奈川・・・感謝をこめて全部手書き
ア~、ペン字習っておけば良かった
あと、今週末の東京での販売会の自由作品の締め切りで、縄編みバックの残り糸で、ミニトートバックと、キャスケット(つばつきの帽子)を出しましたが、忙しくって写真とるの忘れちゃった~
家に帰って、「汚文字で、ごめんなさい」と謝りながら、お礼状のあて名書き
裏面の文章考えてたら、急に思い立ってブログの過去ログを読んで、3・11のカテゴリーを分けてみました。

2日のコト

2日のコト
山田湾 以前に比べたらかなり少ないけれど養殖筏が浮かんでました。
2日のコト
2日の日曜日お休みだったので、魚釣りシーズンが終わって退屈そうなオットと釜石へ

限定オープン中のユニクロで温かい下着や靴下を買って、サンフィッシュ釜石で昼食
大槌のマストや山田の道の駅を回って帰りました。
プレハブの仮設店舗の花屋さんやコンビニ、元通りの姿でいち早く開店したホームセンターやドラッグストアなど、頑張っています。
でも、まだまだ瓦礫の山は高いし、住宅の基礎だけの場所、壊れた堤防、波打ったガードレールが…
そんな中に政党党首のポスターが…
ポスターじゃなく本人がここに立って、風に吹かれてほしいなぁ
言葉じゃなく本当に肌身に染みて被災地のことを考えてほしい

あぁ

あぁ
あぁ
今日はお休みで、予約してたドッグサロンにスーを連れてって…待ち時間にガソリン入れて、わたしも髪切って、買い出しして…
サービスでつけてくれるスーちゃんのスカーフ、栗やお月さん、トンボにモミジの柄だよ
      秋だねぇ~
 
JR山田線の鉄橋、3・11のまんま…半分もってかれて橋脚だけのところにウミネコたちが羽を休めていました。

 

北の国の花っこ

北の国の花っこ

今年もゲット
農家の嫁の事件簿で見て、本屋さんへ
創刊号から買っています
宮古市出身の漫画家・佐香厚子さんが編集人、農家の嫁の事件簿のAKIさんのイラストやそのだつくしさんのページもあります。
年一回の楽しみですが、昨年は表紙に「がんばろう故郷」
沿岸のガーデナーさんの被災の報も・・・
今年は、復興地支援、本の売り上げの一部が宮古市の仮設住宅を巡回する生鮮食品販売カー「みつばち号」のガソリン代に寄付されるそう

本誌に、3・11お家もお庭も流されてしまったガーデナー陸前高田の吉田正子さんの笑顔が・・・塩水をかぶった土を掘り起こしヒマワリの種を植えて震災半年後の9・11ヒマワリ祭りをしたそうです。秋にはボランティアやご近所の皆さんと球根、パンジーの苗を植え、米崎町の小高い丘を花々咲き乱れる場所に変えたそうです。
ガーデニングとは、未来を夢みる作業です・・・って、すごいな~

浜娘

浜娘
ホワイトデイにかこつけて、ちょっと張り込んで、岩手県大槌町の赤武酒造さんのお酒「浜娘」を買いました
ラベルに“盛岡市の桜顔酒造さんの工場で赤武の社員が心を込めて製造しました”とあります。
お刺身もあいますが、今夜一番のヒットは〈ウドのばっけ味噌和え〉
栽培ものの味気ないウドは歯ごたえのみを楽しんで、パパが雪をかきわけての魚釣りで摘んできたばっけ(ふきのとう)に野趣溢れる苦味をそえてもらいました…な~んてネ
ちょっと酔っぱらってます。
大槌、頑張れ~!!

246

今日は職場でも2:46に黙祷しました。
買い物中のお客様も会計中のお客様も、私たちも。
今日の空模様が1年前と同じ曇天で雪もちらついていて、見ていたら涙がでてきてしまうので、商品や手元だけみて頑張りました。
夕方頃から喪服のお客様も・・・

仮設住まいの店長も「1年たったけど、避難所から仮設に変わっただけで、何も進んでいない」と

霙ドライブ

霙ドライブ
霙ドライブ
今日は土曜休日なので、パパとドライブ雪予報もでてて、空模様はイマイチ
南に行こうってコトで、目的地は決めずに出発
釜石で美味しいお昼ご飯を食べて帰ってきました。
中村屋さんの支店まんぷく食堂さんで、かぜおにぎり御膳(かぜは方言でウニのこと)
 お刺身もプリップリ 焼きウニたっぷり混ぜ込んだおにぎり
 ウマオ  贅沢しちゃったなぁ~

帰り道復活した大槌のマース(あの日、海にのまれて屋上で救助を待つ人たちが夜を明かしたショッピングセンター)で、お買いもの
きれいにリニューアルして、銀行や病院もあるのでとても賑わっていました。

道の駅山田では陸前高田で作ってるサイダーと青森産の林檎蜂蜜を買いました。
マスカットサイダーおいしかった~ レトロなラベルがいい

土台だけになって見慣れた町が消えてしまっていて、何度も走っている道なのにどこだかわからなくなりそうでした。 解体待ちの建物もまだあったり、港にはガレキの山があります。 復興復旧には、まだまだ時間も力も必要です。
そんな中、復活しているお店、仮設のお店、プレハブのコンビニ等は灯台みたいにまわりを照らして明るくしてくれています。

より以前の記事一覧