2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スーちゃん

  • スッキリ
    ミニチュアダックスフント ワイヤー ♂ 1998年9月24日生まれ

薔薇

  • 緑のカーテン
    うちの薔薇の写真

庭の花 ’10

  • ARASHI
    庭や鉢に咲いた花

天空の桜

  • 亀ケ森2012
    標高800mの、亀ケ森牧野の一本桜

里山の花

  • 山の花
    里山、道端、原っぱなどの花
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

もう、いいよ

もう、いいよ
写真は26日の朝、いつもの橋からの風景。
例年今頃降る春雪だけど、今年はもう、いいよ! 降らないで!!
土曜も日曜も雪の舞う寒い日でした。
ようやく今日はお日様が顔を見せてくれました。
店では、今日も個数制限・・・でも一番聞かれるのは、たばこ
ニコチン中毒の皆さんごめんなさい。品切れ中、入荷見込みはありません。

「息子がみつからねぇくて、毎日毎日大槌から田老まで探して歩いてるんだけどさ」
と話すお客様に返す言葉がなくて、お弁当を袋詰めして手渡した
「ありがとうございます」  「ありがとう」

蕾
蕾
何日か花壇に目を向けずにいるうちに、クロッカスは終わり、水仙の蕾とクリスマスローズの蕾が立ち上がっていました
津波が恐ろしい勢いでのばした黒い手の指と指の間にある我が家
この家の前に住んでいた社宅のある地区は津波にさらわれているし、わたしの前の職場も息子が以前お世話になった会社も、無くなりました。仕事が休みなら、被災した地区のお店に出かけていたかもしれません。
当たり前のことが何一つ当たり前じゃなくなった今、生かされたことに感謝して、自分にできることをやっていくしかないと思っています。
自宅待機中のパパは津波から車で逃げて、一晩中車で過ごした為ガス欠になり、バッテリーもあがってしまった友人にタンクでガソリンを補給・バッテリーも復旧して動けるようにしたり、灯油が無くて困っている被災地の友人にわが家の予備を配達したり、1Fが津波にめちゃくちゃにされた知人宅の片づけを手伝ったり、大車輪です。
わたしも負けてられない!!とりあえず今日は、子供の中学のときの通学用リュックを磨いてみました。

3月23日

3月23日
3月23日
雪です
せめてお天気だけでもよくなってほしい
仕事はam9:00~pm5:00
モノは増えてきました、震災後初電池入荷! すぐ完売
泥だらけのご夫婦・・・「片付けしてます」と
仮設住宅の申し込みが始まったそうです。

3月22日

今日は出勤am9:00pm5:00
当分自宅待機の夫に車で送ってもらう
何ともカラ豪勢
夫はそのままガソリンの行列に並ぶ
整理券498番(500まで)で¥3000分ゲット
超ラッキー
会社で聞いたら前の晩から並んで¥2000分の人、穴場を見つけて並ばず¥1000分の人などなど
「津波で流されたがら、ポイントカードまた作ってけで」というお客様がポツポツいらっしゃる。わりと明るく。
強いね…負けてられない!
家に帰ったら、夕方固定電話が復旧したって、ようやく両方の実家に無事報告ができました
NTT東日本さん、応援の他県の皆さんありがとうございます。

3月21日

今日は仕事は休みです。地震以来手帳に書いていた日記というかメモみたいなものをいっぺんにブログにのせました。
朝になったらdocomoの携帯が突然バリ3になってた。でも固定電話はまだダメ
地震以後心配しているであろう実家に全く連絡できない。わたしのがauなので妹たちや夫の兄弟には連絡できたが・・・わたしたちの実家は山奥だし兄弟たちも安全なところにいるからいい
被災地にいる家族や親戚の安否がわからない方々の焦燥感は計り知れない

3月20日

今日も仕事
初もやし、初冷凍食品、下着・靴下・オムツ・粉ミルクも入ってきた。カセットボンベ・カイロも少しだけどきた~
嬉しい
生花・果物カゴ盛り・仏のし・不祝儀袋の依頼がポツポツ増えてきた。

3月19日

朝避難所の同僚に会いにいく。
抱きあって「こんな危険なところまで来てくれてありがとう」と泣かれ、そうか毎日毎晩怖いんだな、避難所だからって怖いんだなって胸を掴まれた
会社では自宅に避難民を抱えている人、町内会の炊き出し当番のある人、車で寝泊まりの人などなど
夕方にチェッカーで一人だけ安否がわからなかった同僚Sさんが店にきてくれた。親戚のお家に避難してたと・・・どおりで避難所の名簿には無いわけだ~
「親の顔みた時より安心した~」って泣かれて「おかえりーみんなで心配してだんだよ」って泣いた。
Sさんは、遅番で地震の時出勤してきて、駐車場にいたわたし達に会って、「今日は帰っていい」と言われてそのまま津波の押し寄せてくる中帰宅させてしまったので、上司も悔やんでいたし、みんな本当に心配していました。
あ~、本当に良かった~

 

3月18日

今日も仕事
肉についで魚も入ってきた
「泣いていいんだよ」ってTVでお医者さんが言ってるのを見て初めて泣きましたと家をなくしたAさん
避難所の方々も皆さん我慢してると思う
泣いてもいいし、怒ってもいい、笑ったっていいんだよ
TVも、普通の番組もやっていいと思う・・・子供むけ番組や歌番組は一瞬でも心を違うところに運んでくれると思うから

夜TVで田老の高さ10mの堤防は決して無駄ではなかったと専門家が言っているのを聞いて涙がでた。チリ地震津波や三陸大津波の被害を子孫に味合わせたくないと何年も何年もかけて作ってくれた堤防は津波の勢いをそいでくれたんだ

3月17日

自宅が流されお母様とまだ連絡の取れていない社員の方が店に
近くに行けない、無理だもん、絶対無理、捜せないと泣く彼女肩を抱いて手を握って一緒に泣くしかできなかった。
家は流されたけど家族は全員無事だったという同僚もみんなに会いにきてくれた。着の身着のまま冷たい手をして・・・1時間も歩いて

3月17日

朝、避難所にいる同僚に会いにいくも、空ぶり
偶然夫の知人がいて、持参の差し入れは役立った
仕事に行くと肉がある!!
今まで加工品ばかりだったのに、カゴの中に生肉が入ってるのは不思議な感じ
肉は、午前中くらいでなくなる。米・豆腐・パンなど少しずつ入ってもすぐなくなり、1コずつでも、買える人買えない人がいて、ガソリン不足で歩いてきた高齢の方々には申し訳ない気持ちになる
常連さんに「いつも見る人に会うとホッとする」と言われた。

3月16日

今日はお休み
水も電気もあって申し訳ない気持ちになりながら、洗濯をした。
洗濯できるしあわせに感謝

3月15日

今日も徒歩出勤am12:00~pm6:30まで仕事
相変わらずモノは少なく、個数制限アリ
でも皆さん素直に減らしてくれる
「大槌から山越えてきた、あっちは店も無い何も無い」と言われて
1家族様お1つなんて言えないと思ったら、後ろに並んだお客様と目と目があって
そのまま、2カゴお会計して通してしまいました。
それでも後の方たちは、1コずつに協力していただきました。
濡れたお札や、ギシギシした500円玉を触ると、涙が出そうになるけど、泣きたいのはわたしじゃない!!
地震後すぐ帰宅させてしまって連絡のつかない人たちが心配です

3月14日

今日から店OPEN am9:00~pm2:00まで仕事
商品はカップ麺やお菓子乾麺、缶詰などしか無い
電池は?ローソクは?こどものオムツ・生理用品は?聞かれるがほとんど無い
同じ会社の、大槌店と山田店は津波被害にあって無くなった
屋根と床に固定されていた金庫しか残らなかったそうだ、
大船渡の店も被災、盛岡の1店舗も地震で天井が落ちてしまった
3日間大槌の避難所を回ってきたという男性社員は、宮古にきてモノがたくさんあってびっくりしたと話していました。 
休憩室にあったおにぎりを食べて「3日ぶりに米食ったじゃ」と・・・
避難所では、1日1個のおにぎりをオトナは我慢して、子供やお年寄りに食べさている。
ロールパン1コずつの日もあった、「ここは別世界だ」とも、

夜地元TV局のアナウンサーの顔を見たら涙がでた
ニュースで桜井(嵐の)クンの顔みたら嬉しかった

3月13日

会社に電気が来たようなので、歩いて出勤
家がまだ電気が無いので携帯の充電器を持って行って充電させてもらったら、充電器ひっぱりだこ、会社にそのまま泊まりこんでいる皆さんのお役にたった
am9:00~12:00まで、そのまんまだったレジの精算や、地震のかたづけをした
この日朝水が出ました。早い!!
そして、夜6時半ころ電気も復旧
作業員の皆様本当にご苦労様です。ありがとうございます。
TVがつくと、今まで音声だけで聞いていたものが目に飛び込んできて・・・絶句
夫の会社も目の前の道に津波が押し寄せ、たまたま自分の車で構内のタンクを見に行っていて、「山に逃げろ~」という同僚の声で助かったそうです。
車を流された方、地震直後に家が心配で車で向って亡くなってしまった方もいらっしゃいます。

3月12日

昨日の地震以来電気・ガス・水道ともストップしています。
あわてて探したキャンプ道具のランタンは電池が無い
懐中電灯は2つ、ろうそくもあった ホッ
車が大渋滞なので、徒歩で会社に顔をだす
暗い夜にもラジオのアナウンサーの声が優しい
夜8時すぎ、台所の出窓側が明るいので、勝手口から覗くと田んぼと道路をはさんだ向かいの地区と、川の向こうに灯りが・・・
こんなに早くつくなんてスゴイ!! 明日は家にもくるかな~

3月11日

わたしは生きています。 家族も無事です。
3月11日(金)わたしは午後2時半出勤でした。仕事はスーパーのチェッカー(レジ)
いくらも働かないうちに、突然の大きな揺れ 長い・・・
バックヤードの従業員も出てきてお客様を誘導しながら外へ
駐車場に出て建物から離れて固まっていました。
2時間近く寒さと余震に震えながら・・・
勤務時間が終わった同僚は帰宅していきました。
防災無線が「津波がおしよせています」と繰り返し、携帯で家や夫子供たちに連絡するもつながらず、ようやく社員以外は帰宅という判断になり、車で帰宅
道路はすぐに家族の元へ向かおうとする車で渋滞
家につくと、我が家とまわりの地区はいつもどおり、不安げに外にでていたご近所さんと情報交換、ワンゼグの映像で津波を見せてもらったが、現実のことと思えない
 家に入ると家具や物の散乱は思ったより少なかったのに、不精してかたづけずにいたお雛様が落ちて、お顔がかけてしまっていました。
港にも仕事で行くことがある夫を心配していると、自分の車で帰宅 
良かった~ 子供たちとスーみんなで居間に雑魚寝

クロッカスと

クロッカスと
クロッカスと
クロッカスと
クロッカスと
日差しは春だけど、今日も風は冷たいです。
前庭のクロッカス咲いてます♪
白くてクリッとしたのが早咲きのミスバイン植えっぱなしでも増えてます♪
Mix球根のクロッカスは黄色から咲きだしました~
お隣さんの庭では福寿草・・・金黄色

初釣り

初釣り
初釣り
今日はお休みなので、パパと一緒に実家に日帰りドライブ
食材の配達とじいちゃんばあちゃんの顔を見に
3月なのにまだまだスゴい雪
途中の山道脇の木が痛々しく折れていて、高い山も枝毛のヒドい頭みたいに折れた生木が見えて、今冬の豪雪被害がしのばれました。
渓流釣りが3月で解禁(実はコレが主目的??)なので、パパはスゴい格好して竿ふりに
雪に足をとられ、凍るテグスをなめて溶かしながら、格闘2時間(本人談)
初釣りの釣果は小ぶりなの16匹
かわいそうな魚ちゃんたち

雛冷え

雛冷え
「花冷え」って言葉はあるけど、今日は「雛冷え」です。
ひな祭りだというのに最高気温は2℃
色付きはじめたクロッカスの蕾も寒さに震えていました。
このお雛様は、私が娘用に作ったもの
結構気にいってるようなので、「お嫁に行く時は持たせてやるよ」と言いながら飾りました。
もしも、いつかそんな日が来たら、次は自分用にもう少し小さなお雛様を作ろうかな~

弥生冷たい風

弥生冷たい風
弥生冷たい風
3月になりました
でも、外は冷たい風がふいています
リビングの出窓のオリヅルランに可愛い花が咲いて
冬の間に、ヒョロヒョロ伸びた多肉植物・黒法師に子株ができてました~
地味だけど、小さい春みつけました

タイトルの「弥生つめたい風」岩手のある年代の人には懐かしい歌デス
歌ったのは、NSP・・・CD欲しいな

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »