2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スーちゃん

  • スッキリ
    ミニチュアダックスフント ワイヤー ♂ 1998年9月24日生まれ

薔薇

  • 緑のカーテン
    うちの薔薇の写真

庭の花 ’10

  • ARASHI
    庭や鉢に咲いた花

天空の桜

  • 亀ケ森2012
    標高800mの、亀ケ森牧野の一本桜

里山の花

  • 山の花
    里山、道端、原っぱなどの花
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

好きなの

好きなの
好きな花だけ
万両に水仙、黄色のチューリップ
ガラスの花瓶を和紙で巻いて、今年は質素な正月迎え花にしました。

クリスマス

クリスマス
クリスマス
出勤前、車を暖気してる間に一仕事
雪が溶けた花壇のクリスマスローズ(オリエンタリス)の古い葉を切ったら、蕾が隠れていました
こぼれ種の小さな葉っぱもあります
うれし~い

冬来たる

冬来たる
冬来たる
寒いな~と思ってたら、降りました。
一面銀世界
日中もあまり気温上がらなかったから、木に着いた雪が落ちませんでした。

お汁粉

お汁粉
お汁粉
お汁粉
お汁粉
今日はじいじ&ばあばが通院のためお泊まり
さっそく先日の小豆を圧力鍋で煮て、タカキミ団子のお汁粉を作りました。
岩泉産の小豆にタカキミ粉でばあばの指導付きとくれば、多少団子の形が不揃いでもまずかろうはずがありません。
美味しかった~♪

寒いねぇ

寒いねぇ
寒いねぇ
昨夜は双子座流星群を見ました~
家族全員代わる代わる勝手口から東の方を見上げました。
風っ吹きで寒かったけど、わたしは流れ星5つ
パパは2つ、根性なしの子供たちは1つずつ
何事かと勝手口に駆けつけたスーは寒がって居間のコタツにUターン
今晩は昨日より更に寒くなりましたね~
スーはコタツに入ったり出たり、毛布と仲良し

キラキラ

キラキラ
キラキラ

うちのご近所のお宅のイルミネーションがキラキラ~綺麗
あっ、キラキラといえば昨日の双子座流星群見るの忘れてた~

今日は午後からパパとドライブ
道の駅「ふれあいらんど岩泉」へ
お歳暮に岩泉ブランドの物を選んで送ってきました。
キラキラ
我が家には、小豆とタカキミの粉と豆しっとぎ
近日中に、タカキミ団子のお汁粉作ってみようと思います。

工事中?

工事中?
工事中?
今日はお休み、そして健康診断の日
苦手なバリウム&胃部X線撮影・・・今回の技師サン(?)は、アホなわたしが右左を間違えてもキレること無く
「反対ですネ」
「もう少し頑張ってくださ~い」
「ハイ、お疲れさまでした」と
とっても優しいお声
惚れてまうやろ~
お腹はモヤモヤだけど足取り軽い帰り道になりました

写真は、橋からの様子
工事中ですね~
上は9日、三日月型の河原が直線的に削られてます。
下が今日、土嚢が河の真ん中あたりまで2列に並んできています。

異変!?

異変!?
異変!?
いつもの橋からの風景に異変がぁ~
右岸側からは、土嚢が積まれてショベルカーが橋の下に
左岸側の半月形の河原も掘り起こされています。
新しい橋を作るのかな? 河川敷整備とか??
ゆったりと蛇行しながら流れる姿が好きだったのに・・・どうなるの?
定点観察はまだまだ続きます。

Good job!!

Good job!!
Good job!!
いつの間にかカレンダーも最後の一枚になりましたね~
外のプランターや鉢は薔薇だけ残して片づけました。
室内に入れるものは心をオニにして昨年の半分ほどに絞りました。
最後の寄せ植え・・・と言っても、春に作った寄せ植えの終わったビオラのあとに葉ぼたんを2ついれただけ、植えっぱなしの白いプリムラもまだ咲いてなくて葉っぱだけ
あんまり寂しいので、X′masなピックを差してみました。
裏のピェール(薔薇)の横にパパが柵を作ってくれました。本当は鉄製のオシャレなアーチやオベリスクが欲しいんだけど、値がはるし、重さもあって倒れても危ない、サビたりして廃棄という段になった時も大変そう・・・園芸用の棒数本でシンプルな柵
パパgood job

Good job!!
初めて、玄米を炊いてみました(圧力鍋)
おでんに、干物、ばあば作のたくあん、紫花豆の煮たの、長いもの酢のもの・・・という献立でした。
玄米食べてみたいと言ったら、
「ボソボソしてうんまぐねぇもんだが・・・」とばあばに言われてためらっていましたが、
普通に美味しくて、パパも子供たちもペロリ
わたしの休みの日に、また炊こう
わたしもちょっとだけ、good job

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »