2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スーちゃん

  • スッキリ
    ミニチュアダックスフント ワイヤー ♂ 1998年9月24日生まれ

薔薇

  • 緑のカーテン
    うちの薔薇の写真

庭の花 ’10

  • ARASHI
    庭や鉢に咲いた花

天空の桜

  • 亀ケ森2012
    標高800mの、亀ケ森牧野の一本桜

里山の花

  • 山の花
    里山、道端、原っぱなどの花
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

続・続アネモネ

070428_110601 070428_110503
070428_110602

白いアネモネも咲きました(*^_^*)
宿根イベリス・キャンディータフトも花盛り!

チューリップ色々

070427_121701 070427_113301

四泊5日家を空けて帰ったら蕾だったチューリップが皆色づいていました。原種系のチューリップも見頃です。小さく写っている黒いものは初めてママと5日も離れてストーカーっぷりに磨きがかかったスーちゃんです。父の手術は10時間もかかりましたが無事成功! 麻酔から覚めても朦朧として自分のおかれている状況が飲み込めないらしく夢の中と現実を行ったり来たりでした。頭の中の邪魔者以外は何一つ悪いところが無いことが手術前の沢山の検査で確認出来たし昨秋まで山で木を切って働いていたから力もあるので、起き上がろうとするのをなだめて押さえるため最初の晩は何度か呼び出されました。こんなに父に話しかけたり、体をさすったり、手を握ったりしたのは初めてでした。

続・アネモネ

070420_114201 070420_114301

ミックスの球根だったのに、咲くのは濃いピンクばっかりと思っていたら青紫の蕾がムクッと起き上がって来ました。ピンクの方も花びらの形というか咲き方が色々のようです。

雪の華、桜の花

070417_055001 070417_172501

17日未明雨模様の中父の入院のため仙台へ向かいました。峠に近づくに連れて木々が真っ白に雪の華をまとっていました。道には雪は無く、木の高い所にだけ粉砂糖をまぶしたようにふりかかっていました。高速にのって仙台につくと桜の花が咲いていました。
 僻地の古ぼけた病院がスタート、外見はまだまだ立派だけれど医師不足で閉科もチラホラな地域の中核病院で「お手紙」をいただいて仙台の専門医の元に入院・・・と思いきや手術前に心臓のチェックをせよと、ホテルみたいな豪華な別の大病院で一泊の検査入院!有料で有益な社会科見学の後、ようやく手術してもらう病院にじいじを落ち着けて置いて帰りました。2泊3日の滞在の間に仙台の桜は満開、白モクレンは萎れて落ちはじめていました。  じいじの病室の窓からみると仙台は、桜並木や桜で囲まれた公園が沢山あるように見えました。 でも桜って案外普段はめだたなくて、花の時期になって「こんな所に桜の木があったんだぁ~」と気づくことが多いかも・・・

タチツボスミレ

070414_130302
家の花壇の外の砂利道のタチツボスミレです。2〜3年前にパパが山菜取りのお土産に数株掘って来てくれました。 「山のものは山で見るのがいいの、もう掘って来ないでね!」と言って私が喜ぶと思っていたパパをがっかりさせましたが、せっかくなので花壇にしっかり植えました。ところが花壇の中で増えすぎて雑草と化し、抜いてしまうはめに・・・でも野生のものは強いです。知らない間に種をこぼして置いて好きな場所に咲いています。
 山のものは・・・といっても我が家の回りを見渡せば山また山スミレにとってはたいした違いはないのかも??? でもやっぱり山道をフウフウ登ってほっこり出合って感激しながら見るのが好きです。「撮るのは写真だけ、残すのは足跡だけ!!」
一昨日から、雨模様のお天気が続いているのでナスタチウムとクレオメの種を直蒔きしました。可愛い双葉が出てくるのが楽しみです^^ 

雑穀

070413_170501
雑穀をご飯にいれて食べています。パパの実家でとれた もちきび をもらって食べたら美味しくて、アワ、ヒエ、アマランサスなど色々買って試しています。なかでもおすすめはもちきびです。ほんのりかすかに甘い香りで、ごはんがもっちりして美味しく炊けます。ヒエは少しポロポロで我が家では不評・・・ 岩手は雑穀王国(?)なので産直などで安く手に入るのも魅力^^
 アマランサスはアレルギーに良いらしいので今はもちきびとアマランサスが定番化しつつあります。アマランサスは何のくせもなく炊いても小さな粒のままなので食感的にも気にならないです。 
 もちきびはごはんにいれるだけでなくスープにもできます。ネットでレシピをみつけて作ってみました。
鶏・ショウガ・もちきびのスープです。
Photo

初アネモネ3

070410_105901 070410_122701

アネモネ1号ちゃんが満開に咲きました〜 綺麗です(*^_^*) 2号3号の蕾も続々発進中! 小さな白いプリムラも咲いています。植えっぱなしでも毎年咲いてくれる可愛い子たちです。その回りの小さな葉っぱはタイムです。一昨年ほんの一株植えたのがどんどん増えてやや雑草化しています。ハーブなので香りも良いし小さなピンク色の小花が可愛いです。

ウニ染めのリース

070115_233701
昨年末作ったウニ染めのリースです。ウニ染めとは、寿司ネタでお馴染みの黄金色のウニのカラを使った染色方で、岩手県宮古市のアトリエぐらんの田川宮子さんが開発、特許取得されています。ウニのカラは黒いイガイガですが触るとキレイな紫色が手につきます。この色を布に残せないかと試行錯誤を繰り返したそうです。一番苦労したのは匂いを取り除くことだったとか・・・
 このリースの前にウニ染め体験教室で、絞り染め風のスカーフを染めたのですが、確かに♪猫まっしぐらっ♪て感じの素晴らしい磯の香りが残っていました。 アトリエぐらんや、シートピアなあど等で販売している完成品はもちろん無臭です。匂いを取り除く方法は企業秘密とのことで体験教室では教えてもらえませんでした。色は紫やピンクが基本ですが、赤紫やグレイ、黄色や緑も出せるようになったそうです。自然のものが原料だからか全て優しい淡い色です。このリースは発泡スチロールみたいな土台に回りをギザギザにカットした4〜5cm角の布をつまようじで自由に刺していくだけというとても楽しいもの♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪ また機会があったら作りたいなぁ

初アネモネ2

070408_114702 070408_114703

アネモネの第一号が咲きました(^O^) 次は何色??
 寄せ植えの方は昨年末お正月迎え用に、桃色の葉ボタンに赤紫のビオラ白いパンジーまん中に紫のチューリップの球根を忍ばせて作ったもの。凧や羽子板などのピックを飾って楽しみました。ずっと外で冬越ししたのでパンジー・ビオラは縮こまって葉も黒ずんだり枯れたところもチラホラでしたが、枯れたところや花ガラをとっておいたら盛り返して来ました。こうなってくると、春になって植えたものよりいきおいがあるような気がします。チューリップも育ってきてこれからが楽しみ~!葉ボタンは菜の花のようなお花が咲くまで楽しむつもりです。 

初アネモネ

070406_114101 070406_114201

昨年の秋に初めて植えたアネモネに第一号の蕾を見つけました!こいピンク色・・・ミックスの球根だったから次は何色がでてくるか楽しみです(*^_^*)
一番手の黄色い水仙も沢山咲いています。他に白いものと八重咲きと口紅水仙と房咲きもあります。ムスカリもチューリップも葉のまん中に蕾がかくれています。
今日は入学式帰り風の親子連れを見かけました。希望の春ですね・・・

ツィンズ2

070404_084501 070405_215902

一昨日あたりからほころびはじめていたのですが、今見たら二つとも咲いています(*^_^*)
真っ白ではなびらの端がピンク色です。 可愛い~ 
父を病院に連れて行って(走行距離往復600k)入院と手術の日を決めて帰って来たので、なんだかとってもホッとして癒されました。これってたぶん吉兆だよね。

世界の蘭展

070401_124801 070401_130002
070401_235401

世界の蘭展という蘭の展示イベントを見て来ました!高さ7mもある豪華なディスプレーをはじめ、色とりどりの蘭、蘭、らん、ラン♪ フラワーアレンジメントも、蘭を使った押し花絵も、虫めがねで見るミクロな蘭もあって、もうお腹いっぱい!!
 デジカメや大層なレンズのついたカメラをもった少しとうのたったカメラ小僧が沢山いて私もつられて携帯でカシャカシャ   お店も沢山出ていたけどゼロが一つ多いし、蘭は難しいから無理と思っていたのに「初心者向け」「温室いらず」「練習用に!」とのセールストークにまんまと乗せられて小さなピンクの蘭と、2年位育てると黄色の花が咲くという中国産のデンドロ原種の苗を買ってしまいました(一番上の写真です)しめて1000円なり!!
 家の台所の蘭展に仲間入り\(^o^)/

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »